HISTORY of Kaepa


Kaepa U.S.A. は1975年に誕生したアメリカのスポーツシューズ発信のブランドです。


アメリカでは、ミシガン大学・フロリダ州立大学に代表されるカレッジチアリーディングの強豪チームのオフィシャルサプライを行い、またアトランタオリンピック開催時には、USバレーボール・ナショナルチームの公式シューズサプライヤーに選ばれるなど、チアリーディング、バレーボールのカテゴリーにおいて高いブランド認知度を誇っています。ロゴカラーのブルー、レッドに象徴されるAMERICAN FEATURE SPORTS のスピリットのもと、「Love Sports !」・「Setting Your Perfect Lifestyle.」をコンセプトに掲げ、心も体も健康で豊かなライフスタイルを提案します。


ブランド名の由来

創設者トム・アダムスは自分の娘「MIKAELA(ミカエラ)」と「PAULA(ポウラ)」の名前を結合し『KAEPA』のネーミングを考案。その頭文字「K」と二人の娘をモチーフにしたデルタマークアイコンが考え出されました。 2つの三角形の間がイニシャル「K」を型どり、三角の躍動的なイメージをベースにデザインされました。

グローバル戦略

アメリカ・チアリーディングマーケットでは1992年にトップに立ち、女子バレーボールでも1993年には国内売り上げ20%を確保。 Kaepa International によるアジア、欧州市場の開発も進んでおり、台湾では直営店を展開。 Kaepa U.S.A.のグローバル戦略は3大市場(米国・欧州・アジア)における市場へのアプローチを有機的に融合させる「Integration」にあります。世界にちらばるパートナーが各々保有する「強み」を相互に交換、補完しあうことにより、よりグローバルに結びつきます。

Kaepap-Bikeの誕生

2008年、フィットネスをコンセプトとしたスポーツバイクを発表、快適なスポーツサイクリングを楽しむことをコンセプトとした自転車です。

1962年

創設者トム・アダムスが、テニスのプレイ中に突然シューレースが切れ、とっさにアッパー部分をナイフで切りシューレースを前後それぞれ別々に結びプレイを続けたところ、従来の一本のレースよりもしなやかに動けた・・・。これがケイパシューズの誕生の瞬間でした。

1975年

ケイパ社設立

1985年

『Kaepa』日本初上陸。フィットネスシューズ、テニスシューズを中心に、インディペンデント・サスペンションシステム、ダブルレースシステム、ダブルデルタロゴといった画期的なシステムで一世を風靡。

1988年

一本のレースでダブルレース・システムと同じ快適性、フィットネス性を高めるレースロックシステムを開発。

1989年

オールラウンドなアスレチックシューズを目指し、足の横ぶれを防ぐ、「L.M.S.(ラテラルモーション・スタビライザー))を開発。

2007年

Kaepa bikeシリーズ発表